八戸市の税理士、相続のことなら青森県八戸市近田会計事務所、近田雄一税理士事務所 まで!TEL : 0178-43-7051

遺産分割

遺産分割

  • 遺産は、遺言がある場合には遺留分を侵さない限りにおいて遺言書のとおりに分けられます。
    遺言書がない場合には、相続人が協議した上で各人の相続分を決めていきます。
    遺産の分割が決まったら、遺産分割協議書を作成し、これに各人が署名押印します。
    万が一、遺産分割の協議が不調に終わり、分割協議がまとまらないときや相続すべき人が音信不通などで分割協議ができないときは、家庭裁判所に遺産分割の調停を依頼することができます。
    なお、遺産分割がまとまらないときでも申告期限までに相続税の申告と納付を行わなければなりません。

参考 遺留分

  • 民法では遺言自由の原則により、被相続人は自分の意志によって遺言を残すことで自由に財産を処分することが認められています。
    しかし、親族などの相続期待利益を保護したり、遺族の生活を保護する必要があるため、相続財産の一部を一定の範囲の遺族に留保する制度を設けています。
    これが遺留分の制度です。
    したがって、一定の親族については、相続させない等という遺言があるからといって、まったく財産をもらえないということはありません。




a:1527 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional